3parストレージのユーティリティ性

3parのストレージはユーティリティ性に富んでおり、さまざまなビジネスに柔軟に対応可能です。
ビジネスにおいてストレージはバックアップ用となどに利用されるだけの存在でしたが、ビッグデータの活用が必須ともなってきている事情からストレージの重要性が一気に高まっています。



ビッグデータ解析ではユーティリティ性が重要になってきており、ストレージの柔軟な対応性が必要です。
3parのストレージは1999年の企業当時からストレージへユーティリティ性を追加する試みがされてきており、さまざまな新技術が好評を得てきています。


3parのストレージは主に拡張性が高いことで注目されていますが、重要な事はスケールアウトされた際の各種プロビジョニングです。


ただ単にディスクが増えてもシステム全体の速度低下をもたらしてしまう可能性が高いことから、NUMA環境へディスクを取り入れるための設定が重要です。



3parではプロビジョニング効果を自動化してきており、パラメータ設定などもほぼ必要のない環境ができています。

ビッグデータは増大の一途ですので随時データを追加できる仕組みが重要ですが、解析処理も増えてきていることからワークロードの増大が懸念されています。
3parではワークロードの調整のための方策も多数用意してきており、それらの効果が自動で追加されていきます。

マイナビニュースについて悩んでいませんか。

ストレージの管理といえばワークロードの管理がもっとも難しいですが、自動化されたことで管理者の手間が大幅に削減できたと好評を得ています。