3parのメッシュアクティブ技術

3parは2010年にHPに買収されてからも多数の新技術を市場に投入してきていますが、中でもメッシュ化の新しい手法であるメッシュアクティブ技術は特筆すべき点です。

ストレージ業界では各ハードディスクやフラッシュストレージを毒の方法で接続してきていますが、保守性、パフォーマンスにおいてメッシュ構造が重要視されてきています。

しかし、メッシュ構造はデータ転送量が増えることもあってなかなか実用化されてきていませんでした。

エキサイトニュース情報選びをサポートするサイトです。

しかし、3parのメッシュ技術は専用のASIC回路とCPUを利用するコントローラーを実用化することで高パフォーマンスを維持するシステムとして注目を集めています。

3parのメッシュ技術は複雑なメッシュ構造であっても多数の転送回路を持つASIC回路がデータ転送を請け負うことでパフォーマンス低下を防ぎます。データ転送ではさらにP2P的にデータを転送することも可能であり、メッシュ状に接続されたASIC回路を活かしたシステムとなっています。



ASICがデータ転送部分を請け負うことでレプリケーションやクローンなどの最適化をCPUが行えます。

データ転送においてはメッシュ構造になっていることでファイルの再配置などがしやすくなりますが、ビッグデータなど複雑な処理が必要になればデータの転送量も増えることから従来のストレージではワークロードの悪化が懸念されてきました。

しかし、メッシュアクティブ技術はワークロードの悪化も防ぐとしてビジネスに良い影響を与えてきています。