monnshotを利用するビッグデータ解析

monnshotはさまざまな分野で利用される高集積サーバですが、Cassandraを利用する解析処理に特に力を出せるようになってきています。CassandraはApacheが提供している解析用のプラットフォームです。

NoSQLと組み合わせることで巨大な解析も可能であり、また、多数のCPUを効率よく利用出来るプラットフォームです。

HPではこのCassandraをmonnshot用に設定して提供しており、並列処理の効率をさらに向上させています。

ラックマウント当たりのCPU数が他のサーバ構成よりも各段に多いmonnshotですのでライブラリの出来が処理時間を左右します。

産経デジタルの有益な情報の紹介です。

処理時間については見積りを出せなくてはなりませんが、Cassandraを利用することで処理時間の解析がスムーズにいくこともあり、見積りも正確な数字が出せるのもポイントです。
monnshotではHadoopも利用可能です。


Cassandraを利用しデータを効率よく扱い、さらにHadoopで解析を行うことで更に効率のよい解析ができます。


HADOOPは非対称のアーキテクチャということもあり、monnshotのCPUやメモリなどを効率よく利用するだけではなく、分析対象を分けて検討するなど自由度の高さでもポイントとなります。



ビッグデータの解析は時間がかかるものですが、排熱処理や障害時対応がスムーズなこともあり、安心して長時間稼働が行える環境です。